洪水や停電、そして木をなぎって切り倒して去っていったハリケーン・サンディちゃん。 ここ、ハーレムではニュースで伝えられているような「洪水」「停電」は起きていません。 なので30日にネットで見た写真やビデオを見て驚いているというのが現実。 それと同時に30日の夕方に近所のデリやスーパーに買い物に行ったら普通に開いていたことにも驚きましたョ。 つか、29日も普通に営業していたんだって! あの強風の中! 従業員の皆さん、どうやってお店に来たの? と訊いてみたら、車で送ってもらったり、やっぱり歩いて数ブロックのところに住んでいたりしているようです。 なるほど〜。 そんなんだったら28日に慌てて買い物するんじゃなかった。 と一瞬思ってしまったけれど、実はこれからのほうが大変なのではないでしょうか? 生鮮食品とかね。 でも政府のウェブサイトを見たら、カテゴリーがもっと大きいのだったら自分が住んでいる場所も避難しないといけない地域ということが判明。 重要書類や簡単な衣服などは、やっぱりまとめておくほうがいいのかどうか、考えてしまいます。 さて、30日の午後から無料でバスが走り始め、31日の今日から通常運営。 ものすごい混んでいるとのことなので、知人はハーレムからミッドタウンまで自転車で通ったそうです。 ニューヨーク名物のイエローキャブも乗り合いタクシーのようになっているようですが、料金のぼったくりもあるようなので、注意が必要です。 公立の学校は避難所になっていたりもするので、いつ始めるのかわからないです(31日の午前中では、明日がどうなるのか、まだアナウンスされていません)。 思わぬ休校に、家に籠もるのが好きな獅子丸は大喜びですが、ハロウィーンまでキャンセルってのは哀しいでしょうに。 去年はハロウィーン前に大雪が降って今年はハリケーン。 なんなんでしょう? そして108年の運営の中で最悪の事態となってしまったMTA(ニューヨーク交通機関)は明日の11月1日も運行しないと書かれていますが……どうなることでしょうか? かなりのダメージをダウンタウンのほうがこうむっているようですし。 11月4日に開催されるニューヨーク・シティー・マラソン、通常に開催するとのことらしいのですが、こんな状態でできるのでしょうか? ニューヨークだったらやるかもしれないですけれど。 そういえば昨日の朝、強風の中、数名のランナーが公園の周りを走っていましたけれどね。 自然の力の恐ろしさをつくづく思い知らされた数日でした。 IMG_2149.jpg 被害なんてないや、と思っていたら、125丁目にあるお店の看板(?)が壊れていた。 ランキングに参加しています。 ワンクリック、お願いしまする。 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ