2011年4月末、DOE(NYの教育委員会)からメールが来ました。 1月と2月の週末を使って行われたGifted and Talentedのテスト結果が出たから、その結果によって申請できる公立学校が決まるから、その手続きをしてくれ、という内容です。 (GT関係についてはコチラにいろいろと書いているので、お読み下さい) さて出たスコアによって何がどう選択できるのか。 ・90から96パーセンタイル(いってみれば知能指数の単位)だと自分の家の学区内でGTプログラムをやっている学校、もしくは学校内にあるGTのクラスへ申請ができます。 ・97から99パーセンタイルだと、NYC内にあるGTプログラムをやっている学校へ申請できます。 つまり、学校全体がギフテッドのところと、普通の学校の校舎内にGTのクラスがいくつかあるところがあって、97から99を取ると学校全体がギフテッドのところとに申請できるのです。 あたしが狙っていたのは、もちろん97から99。 DOBのメールにリンクされているURLに飛んで「スコアを見る」に飛んで……久々にどきどき、ちょー緊張! まさに口から心臓が出てこんばかり。 結果は 99 やったーーーーーーーーーーーー! な ん で す が よく読むと、何を間違えたか書かれているんですよね。 例えば数字の設問に関しては19問中全問正解。 でも形(シャープ)に関しては20問中18問正解。つまり二つ不正解。 まあ、こんな感じで書いてあって、全128問中をみると結構間違えている。 なのにこの結果。 いったいどういう判断基準なんだろう、と、ふと思ってしまった瞬間です。 それでも獅子丸のプリKの先生や、もう私立に行くことが決まっているお母さんたちから「やったわね、おめでとう! 獅子丸が99だってことは知っていたわよ」だの、一学年下のお母さんたちからも「すごい! うちも来年がんばるわ」と祝福されました。 素直にうれしいです。 この結果を受けて、City WideのGT学校が選び放題です。 あたしはマンハッタン内にあるGTプログラムをやっているcity wideの学校3つ、選びました。 って、3つしかないんですけれどね、マンハッタンには。 あとはクイーンズとブルックリンに一つずつあります。 面白いのが、皆が皆、同じことを言ってくること。 1)アンダーソン (The Anderson School) ここはアッパーウェストサイドにある学校で、ある意味NYCで一番の人気学校。 マンハッタンに住んでいるのなら、こちらかハンターか、と人気二分でしょうか。 クラス数も少ないから入ることは難関らしいですが、うちだったらスクールバス範囲内ですね。 読もうと思って読み切っていない(笑)、NYマガジンに載っていた、アンダーソンに通っている男の子の話 ↓ http://nymag.com/news/features/27840/ 2)ネスト(NEST+m) チャイナタウンの側にある学校。 知り合いの子どもさんが通っていて、本当は親類関係しかできないのに唯一授業参加させてもらいました。 なかなかカリキュラムが面白くって、でもってできてまだ数年ということなのでとてもきれい! ここがいいなあ~と通わせたいんですがー、いかんせん遠いのです。はっきりいって車必須。 スクールバス許容範囲外ということでした。さて。 こちらはアンダーソンと比べて大きいので、クラスも3つあるのが2012年には4つに増えるかも、とウワサがありました。 3)Tag Young Scholars こちらはイーストハーレムにある学校。 実はうちから一番近いです。 プログラムはいいという話だけど、場所柄黒人とラテン系の子どもが多いともいわれています。 「いい学校だけど、近所がよくないし、黒人とラテン系が多いっていうのもね、多様性に欠けるから、ここになったら、いいんだけれど、考えた方がいいわ」と、お兄ちゃんがコロンビア大学付属幼稚園、弟(獅子丸と同じ年)が某有名男子私立学校へ決まった黒人のお母さんの言葉。 2011年の5月10日が〆切。 それまでに申請しないと無効になります。 申請できる学校は5校、選べます。 あたしは上記の3校を選んで申請。 学区内の、GTのクラスがある学校には申請しませんでした。 というのも、学校内にGTのクラスがあるところへ通わせると、GTじゃないクラスに通っている生徒からいじめられる(ターゲットにされる)だの、通わせたかった親から嫌みを言われるだの、まあ、ネガティブな話をたくさん聞いたからです。 あとは、学区内にあるGTのクラスがある学校のウワサも聞きませんでしたし。 そして……結果がでたのが6月17日。 ほぼ5週間かかっています。 いったい何にそんなに時間がかかっていたのか……もう本当に意味不明。 獅子丸は第3希望のTAG YOUNG SCHOLARSに受かり、ほぼ一ヶ月後に学校を替えたのでした。 辞めた理由は、またの機会に書きます。 ランキングに参加しています。 ワンクリック、お願いしまする。 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ